HOME > 生産者別 >佐渡特選市場取扱 > 今井茂助商店 真鱈みりん干し

検索条件

商品名を入力

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

今井茂助商店 真鱈みりん干し

日本海佐渡沖の荒海で獲れる真鱈を、姫津港に伝わる伝統の製法で佐渡産の甘醤油味に漬け込み、半生状に乾燥したものです。

佐渡では、真鱈や助宗たらなど、たら類の甘醤油漬けを「たらみりん干し」や「桜干し」と、呼んでおり、佐渡の伝統食として、おかずや、おみやげに、大変喜ばれております。

網で焼いたり、唐揚げ、昆布などと煮物にしてもおいしいです。
なお、身の部分のみを使用しておりますが、魚のため、まれに小骨がある場合があります。御了承下さい。


桜干しの名前の由来は、1つは、桜の咲く4月頃、助宗たらがよく獲れ、つるして干した物が桜の枝に似ていたという説から。もう1つは、その昔、桜の枝で燻製品を造ったという説から。
いずれにしても名前ひとつにも古人の心が伝わって参ります。

真鱈みりん干し(150g)・・・ 754円

*賞味期限:冷凍-18度以下で6ヶ月。

  • 冷凍

今井茂助商店 真鱈みりん干し

販売価格(税込): 815 円
ポイント: 7 Pt
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

焼いた画像

味見してもらうと、第一声は

「美味しい!!」

でした。

ミリンが焦げやすいのですが、焦げた部分がまた香ばしくて大好評です。

今井茂助商店

生産地:昔からの漁師町。佐渡の中でも品質の良い鮮魚が捕れ、「風が違う」ために良い干物が出来上がります。
今井茂助商店
今井茂助商店 今井茂人さん

今井茂助商店は、地元の姫津集落では「もへいじや」とよばれています。

「もへいじや」は明治時代に塩・たばこ屋として開店し、その後は食品、雑貨、薬からお酒など様々な商品を販売する、地域の便利屋さんとして親しまれています。

海産物の加工をはじめたのは昭和初期。
佐渡でも優良な漁港である地元の姫津漁港から水揚げされる新鮮な鮮魚などを、先祖からの加工技術を引き継いで、美味しい一夜干しやいか徳利など、様々な加工品をつくっています。



今井茂助商店 さかな干し場で干しているイカ今井茂助商店 さかな干し場の向かいの海
今井茂助商店 さかな干し場で干しているイカ / 道を挟んで向かいの海

今井茂助商店 さかな干し場
今井茂助商店 さかな干し場

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む
  • 2011/11/29 投稿者:たー おすすめレベル:★★★★★

    旨いです

    オーブントースターであぶって、叩いてほぐすと旨いです。以前はつまみといったらサラミやビーフジャーキーが好きだったのですが、最近は魚介の旨さにやられてる感じです。子供も喜んで食べます。

ログイン

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

2019年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2019年9月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
このページのTOPへ
Copyright© 2000-2011 Next Business System CO.,LTD All rights reserved.