HOME > 生産者別 >菓子処しまや > しまや 澤根だんご

検索条件

商品名を入力

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

しまや 澤根だんご

澤根だんごの原料は、佐渡産コシヒカリ100%
これを自家製粉し、こねて蒸して、臼でつく そして清冽な地下水で冷やし、手早くこしあんをくるみます
あんの原料となる小豆も、佐渡産
しかも無農薬ですから、安心

澤根だんごは直径わずか2cmの、一口サイズ
冷蔵庫で冷やし、氷を一片そえて、ツルリといただきます
白玉のような口当たりで、のどごしもよく
上品な甘さで後味もさわやかです
お茶との相性はバツグン
また、酒呑みの方にも人気が高いお菓子です



一箱12個入り
※2箱以上にしてご購入ください。

※恐れ入りますが、こちらの商品を含むご注文は、配達日のご指定を承ることができません。ご了承のうえ、ご注文をお願いいたします。

しまや 澤根だんご
  • 冷凍
  • 配達日

しまや 澤根だんご

販売価格(税込): 505 円
税抜価格: 468 円
ポイント: 4 Pt
個数(半角数字)

カゴに入れる

※重要なご案内です※

2箱以上にしてご注文ください。
解凍後はお早めにご賞味ください。
澤根団子は冷凍発送します。
*栃大福やおこし型しんこなどと同梱の場合は、クール冷凍でお届けいたします。
*冷凍発送できない商品とは同梱できません(送料などが二口必要となります)。

京の技と佐渡の風土がはぐくんだ名菓、しまやの「澤根だんご」

澤根団子江戸時代、金山で栄えた佐渡島。
ヤマで掘られた金は、中山峠から沢根集落を通って運び出され、船積みされました。その中山峠の茶屋で売られ、大人気となったのが澤根だんごです。
江戸から派遣されていた役人たちの間でも、たいそう評判になり、民謡にも「沢根通ればだんごが招く」と唄われたほど。このため、一時は多くの菓子職人が澤根だんごを手がけました。
今では残念ながら、澤根だんごの製法は一部の職人にしか伝承されていません。

しまやは1808年(文化5年)の創業。江戸時代の澤根だんごを今に伝える、貴重な菓子職人の集団です。
7代目社長・本間重信さんみずから一級和菓子技能士の資格を持ち、伝統の味を守りながらもオリジナル商品の開発に日々はげんでいます。

「地でとれたものが、いちばん風味がええ。佐渡の米には、佐渡の小豆があうんだっちゃ」と、7代目社長、本間重信さんは語ります。
残念ながら、無農薬では夏の害虫を防げないので、その時期だけは北海道から小豆を仕入れています。

新潟の一般的なだんごは、もともと保存食として作られました。たとえば、有名な笹だんご。このお菓子も、作り置きしておいたものを、ほしいときにふかして食べるものでした。
これに対して、澤根だんごは、あっさりと柔らかく、鮮度が命。越後では特異なだんごです。
この特長は、京から伝えられたものです。佐渡島は当時、北前船(北海道~大坂)の中継地点でしたから、上方との関係も密接でした。自然、京が誇る和菓子の技法が流入したのでしょう。

オススメ商品

しまや 笹団子(箱入り)

しまや 笹団子(箱入り)

価格(税込) 745~7,020 円

北雪酒造 梅酒

北雪酒造 梅酒

価格(税込) 1,080~3,024 円

北雪酒造 大吟醸 NOBU

北雪酒造 大吟醸 NOBU

価格(税込) 1,188~5,400 円

ログイン

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

2019年7月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2019年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
このページのTOPへ
Copyright© 2000-2011 Next Business System CO.,LTD All rights reserved.