HOME > 生産者別 >斎藤農園 > 斎藤農園 さわし柿(早生)のハネ 約10kg

検索条件

商品名を入力

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律


TweetsWind

斎藤農園 さわし柿(早生)のハネ 約10kg

発送開始は、10月15日ころくらいからの見込みです。

さわし柿通常は出荷しないハネ柿(さわし柿)も、驚きの低価格でおわけします。
葉っぱでこすれた跡や、皮に黒い点がついていますが、味はまったく変わりありません。(虫食いは、被害部が大きくあれば、ハネでも出荷しません。 右の写真よりも若干良いものをお届けいたします。日焼けがあるものは除きます。)
*ハネの果実には傷がありますので、中には、開封時に柔らかくなっているものもあります。予めご了承ください。

日持ちの良い果実をご希望のお客様は、「さわし柿(在来)」をご注文くださいませ。
さわし柿
市場出荷用の柿は、農薬なしでは栽培がたいへん難しい果物。
それでも、斎藤農園では、限界まで農薬を減らす努力を続けています。


※「さわし柿」とは、八珍柿(もともと渋柿)を焼酎で渋を抜いて甘くした柿のことです。
※「八珍柿」は、種のない柿ということで越後七不思議につづく8番目の珍しい柿ということだそうです。


●日付指定●
「さわし柿」は、渋柿に焼酎をつけて密封し、数日置くことにより渋が抜けます。日付指定にはお応えしますが、渋が抜ける日にはお届けできませんので、予めご了承くださいませ。渋が抜ける日は外箱の「開箱日」をご確認ください。

日持ちの良い果実をご希望のお客様は、「さわし柿(在来)」をご注文くださいませ。


早生(わせ)・収穫が早い(10月上旬から10月下旬くらいの収穫)。5~7日くらいで渋が抜ける。
在来(ざいらい)・10月下旬から11月の初めくらいまでの収穫。早生よりも日持ちがいい。10日~2週間くらいで渋が抜ける。

斎藤農園 さわし柿(早生)のハネ 約10kg
  • 季節限定
  • 常温
  • 別発送
関連カテゴリ:

生産者別 > 斎藤農園

商品別 > 農産物 > 果物 >

斎藤農園 さわし柿(早生)のハネ 約10kg

販売価格(税込): 3,085 円
税抜価格: 2,857 円
ポイント: 0 Pt
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

※重要なご案内です※

1回のご注文は2箱までとなります。

ハネの果実には傷がありますので、中には開封時に柔らかくなっているものもあります。

特に早生品種は柔らかくなりやすく、日持ちがあまりしませんので、予めご了承ください。

他の商品と同時にご購入いただいた場合は、送料などは個別にご負担いただきますので予めご了承くださいませ。

「さわし柿」は、渋柿に焼酎をつけて密封し、数日置くことにより渋が抜けます。2箱までのご注文の場合、日付指定にはお応えしますが、渋が抜ける日にはお届けできませんので、予めご了承くださいませ。渋が抜ける日は外箱の「開箱日」をご確認ください。


発送メールは送付できません。伝票番号をお伝えするメールを送付いたしますので、以後、お客様より発送状況のご確認をお願いいたします。
 (確認方法はメールに記載させていただきます。)

以上、ご了承いただけますようお願い申し上げます。

八珍柿(はっちんがき)

佐渡島を代表する果物、柿。
それはまた、古くから日本人に親しまれていた果物のひとつでもあります。
(確認される最初の史書では「新選姓氏録(816年)」に記載されています。)

特に、渋をぬいた渋柿は、絶品。
その深い旨味は、甘柿では味わえません。
「果実の王様」と呼ぶ市場関係の人もいるくらいです。

残念ながら、都会に流通している柿の多くは、ガスで脱渋したもの。
ですから、水気がなくなって柿本来の味は失われています。

一方、佐渡特選でご紹介するのは、
伝統的な方法でさわした ( = 渋を抜いた) 柿。
アルコール度数が高い焼酎を使って、ていねいに脱渋~箱詰めしています。

焼酎でさわす作業は、人の手で一つひとつ行なうため、
たいへんな手間がかかります。
出荷の最盛期には、午前0時頃まで作業が続くことも珍しくありません。

このため、ほとんどの農家はこの作業を敬遠し、
手作業でさわしている農家は佐渡島でも数件しか残っていないと言われています。

おなじみの斎藤農園は、そんな頑固農家の代表。
外国産のフルーツでは味わえない、日本の旨味が濃縮された果物をお届けします。
サラダやシャーベットにしても美味しい!!
●種がない品種ですから、とっても食べやすい柿です。
●やわらかいものから順に、お召しあがりください。
●フルーツサラダなどのお料理にも、ご利用ください。
●冷凍すると、おいしい柿シャーベットをお楽しみいただけます。ローズマリーやミントを添えて、またクローブやシナモンをふって、お召しあがりください。
手作業でさわす
 一つひとつ、さわして ( = 焼酎で渋を抜いて)箱詰め。
 すべて手作業です。
スプーンで食べられます。
 ヘタの反対側の皮を半分むいて、
 スプーンで食べると簡単に食べれます。

* 特別栽培の基準は、慣行栽培の5割り以下。


  
除草剤をまったく使わない柿園。野原のように草や花が生きています。

リンク(生産者情報・今日の斎藤農園)

生産者情報(斎藤農園)


今日の斎藤農園(2010年1月20日)

エコファーマーの認証とトキ募金

☆エコファーマーの認証をとりました。(米・柿・いちご) 新潟県認定1740号

*新潟県のサイトエコファーマーの認定状況と認定者一覧
(開いたページから「認定者一覧」のPDFファイルを開き、斎藤真一郎さんの名前の「真一郎」で検索するとヒットします。
斎藤農園は、環境に優しい(トキ支援)栽培に取り組んでいます。
弊社(佐渡特選)では、斎藤農園の環境、トキ野生復帰支援に対する取り組みに賛同し、2007年度米・柿販売より、斎藤農園の商品売上の2%を「トキ保護募金」に寄付しています。
トキ募金

ログイン

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

渋柿の渋の抜き方

今日の生産者メニュー

2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
このページのTOPへ
Copyright© 2000-2011 Next Business System CO.,LTD All rights reserved.