今日の斎藤農園カテゴリー

■2015年■ ■2014年■ ■2013年■ ■2011年■ ■2010年■ ■2008年■ ■2007年■ ■2006年■ ■2005年■ ■2004年■ ■2003年■

今日の生産者メニュー

2018年6月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2018年7月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今日の斎藤農園 2003年5月22日

はい、今回は、予告どおり田植え画像です。しかも、無農薬米の田植え。無農薬米と不耕起栽培用の苗は、ちょと違う。何が違うか?・・・それは、下記をご覧下さい

斎藤さんの田んぼをさがしてさ迷っているうちに田植えが終わってしまってました(TT)

でも大丈夫。
もう一枚、これから田植えをする田んぼがありました。ラッキ~♪
1時間近く農道をさ迷った挙句に辿り着き、既に田植えは終わってしまっていたのですが、もう一枚の田植えをするそうです。ヨカッタ~。

未練がましく、田植えの終わった田んぼを見に行って戻ると、何かやってます。

苗の入っていたトレー(?)を洗っています。

「両手でやれっちゃ」みたいな指示があり・・・

ちょと苦笑いで素直に両手。うんうん、若者はすがすがしい。

稲を取りに行くのについていきました。

無農薬米と不耕起栽培用の苗

最初は手ぶらで行って・・・

2個ずつ運ぶ

軽トラに積む。よいしょ。
らちがあかないので、その辺りの一輪車を借りて運び出し・・・何だかうれしそうな斎藤さん。
「こんなことやっとるのん見られたら、何やっとるんだかと思われるっちゃな」
「?専用の機械でもあるんですか???」(頭の中に、細長いベルトコンベアが浮かび、そんなもん運び込む暇に手で運んだほうが楽そうとか、妄想が頭をよぎる)
「専用の一輪車があるんだ」
「・・・はぁ・・・そうなんですかぁ」(ちょっとガックシ)

ここで一言。
ちゃんと、苗運ぶ用の一輪車もあるんですよ。
画像のは、間に合わせのただの一輪車ですけど。私にとってはどっちでも大して変わらないことな気がしますが、斎藤農園の沽券にかかわるかもしれないから・・・(そんなことないか(^^;))


ここで、無農薬米の苗と、普通の苗の違い。
まず、種まきは、種と種の間隔をあけて蒔き、、早いうちに冷気をあてる。そうすることにより、太い茎の丈夫で寒さに強い稲になるそうです。
で、普通の苗よりも硬くて丈夫な苗が出来ると。触ってみましたけど、そもそも、普通の苗に触ったことがないので比べようがありません・・・(T‐T)役立たず?
丈夫な苗なので、積み重ねて運んでも、潰れません。上のをどけると、むっくり起き上がって何事もなかったかのようです。むしろ、押したりして刺激を与えるといいのだそうです。だから苗を踏む人もいるそうです。
いろいろあるんですね~・・・

左画像
ビニールを敷いたところに水を貯め、田んぼのような状態で苗を育てます。根がものすごくわさわさになってます。普通は畑みたいなところで作るとか。
たまった水の中には、赤くてほそい虫がたくさんいます。小さいミミズみたいなの。有機栽培の水の中には、たくさんわく(?)んだそうです。

いよいよ、田植え画像です。

無農薬米の苗。
茎が太くて冷気に強く、丈夫!!

今日始めて田植えをしたそうで、
どことなく操作がぎこちない。
誤って、道に苗を植える。
微笑ましいのぅ・・・(オバサン!?)

コンクリートに苗植えても育たないし~^^
とか思って喜んでパシリ。
「またそんな・・・」って、
斎藤さんに呆れられる。

「代わってやろうか?」なんて
声が聞こえてきたりして。
斎藤さんの指導には愛があふれています。
(って、前言ってたと思います。その後照れて否定してたけど)

無意味な大きいサイズの画像。
電話してるところ。

初々しい新人君が田んぼに入り・・・

畦によせて

運んできた軽トラの荷台から

苗を運ぶ

運ぶ

運ぶ

まず斎藤さんが田植え

一緒に

田植え

見物人も来て

田植え

あ、そういえば、苗に触ったの今日が生まれて初めてでした。
でもちっとも初々しくないけどね(てか、この年で初々しかったらそれこそ不気味か・・・)

斎藤農園の新米予約受付は、8月中旬の予定です!
つぎは昨年即日完売だったネクタリンの予定です!!
このページのTOPへ
Copyright© 2000-2011 Next Business System CO.,LTD All rights reserved.