今日の斎藤農園カテゴリー

■2015年■ ■2014年■ ■2013年■ ■2011年■ ■2010年■ ■2008年■ ■2007年■ ■2006年■ ■2005年■ ■2004年■ ■2003年■

今日の生産者メニュー

2018年4月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2018年5月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今日の斎藤農園 2011年9月9日


斎藤農園の田んぼ


◆斎藤農園「トキめき通信(9/9配信)」より◆

いよいよ収穫!

 4月に種を播き、5月に田植えして、あっ という間の9月の収穫を迎えました。

 今年は3.11の東日本大震災、7月の新潟・福島豪雨、9月に入っての台風12号による豪雨と、自然災害の多い年です。

 農業は、自然相手の産業ですのでこの災害 により、多くの農家の方が落胆されていることでしょう。

 幸い佐渡は災害は無かったのでホットしていますが、今年は東北の農家のことを考えると手放しに喜ぶことはできません。

 特に放射能汚染については、孫の代まで引き続く長い問題です。

 佐渡も黄金色に大地は染まってきていて、画像では見にくいですが赤とんぼが多く飛んでいて、そしてトキも普通に見れるようになってきた、このあたりまえの光景を未来につなげていかなけ ればなりません。あたりまえのある風景、普通の日常生活がいかに大事であるか災害は教えてくれ ました。明日から始まる、あたりまえの収穫を楽しみ、そして皆さんにおすそ分けできたらと思い ます。

放射能検査無事でした!

 新潟県も粟島村を除く29市町村で放射能検査を行い、佐渡も早稲品種で検査が実施され、セシウムは検出されず、ホッとしています。微量でも検出されれば、暫定規制値以下であっても風評被 害で消費者離れが確実に起こりますからまずは安心して収穫できます。

 佐渡米の90%が収穫前契約ですでに売れてしまい、このことが良いのかは疑問ですが、放射能の影響が大きいと思われます。

 お米の出来も昨年同様の猛暑でしたが、9月に入り夜温も下がったため品質も良いと思うので、美味しい新米を期待して下さい!

◆新潟県WEBサイト::平成23年産米の放射性物質の検査結果について(第8報)
  http://www.pref.niigata.lg.jp/nosanengei/1314910926588.html
このページのTOPへ
Copyright© 2000-2011 Next Business System CO.,LTD All rights reserved.