渋柿の渋の抜き方

2017年6月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

さわし柿のつくり方:八珍柿(渋柿)の加工

1. 用意するもの
用意するもの ●35度以上の焼酎(ワンカップで足ります。)
*35度以上なら、ブランデーでもラム酒でもなんでもOK。
●焼酎を入れる皿(ボールでもなんでも良い)
●ビニール袋(大きいもの)
●新聞紙(1日分程度)
2.下準備


●器に焼酎を注ぐ


●ビニール袋を広げる
(箱の中に広げるとなお良い。箱は渋柿が送られてきたもので良い。)


●広げたビニール袋の底に新聞紙を敷く。
(柿につけた焼酎のいらないものを吸い取ってもらうため。)
3.さわす
柿のヘタの部分を皿に盛った焼酎にポチャリとつける。
実の部分に焼酎がついても気にしない。

でも、写真のものはちょっとつけすぎ
(焼酎をケチると渋が抜けず、多いとぐちょっとする。)
ビニール袋にヘタとヘタ、実と実を合わせるようにして、つめていく。
(ヘタと実を合わせると、ヘタに当たった部分の実が傷みます。)
早生は5日くらい

在来は
10~14日くらい

密封する


ビニールを縛っても、ガムテープなどで貼り付けてもいいので密封する。

早生の柿は5日くらいで渋が抜けます。注意することは、日の当たるところに置いては駄目だということ!!

在来の柿は、日の当たるところに置いておけば10日くらい。そうでないときは14日間くらい邪魔にならないところに置いておく。ちょろちょろ開けるのは禁物。

※ 暖かいところに置いておくと、早く渋が抜けますが、傷むのも早くなります。
日数が経ったら、まず味見をする。
密封して
2、3日置く


もし、まだ渋いようだったら、また密封し、2、3日置いておく。

渋が抜けたら、ビニール袋から出して保管してください。袋に入れたままだと、すぐ軟化してしまいます。

また、冷凍庫などで保存し、あとで半分溶かして食べると、シャーベットみたいでおいしいですよ(*^‐^*)

検索条件

商品名を入力

商品カテゴリー

ログイン

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
このページのTOPへ
Copyright© 2000-2011 Next Business System CO.,LTD All rights reserved.