今日の須田農園カテゴリー

今日の生産者メニュー

2019年7月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2019年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日の須田農園 2003年10月8日

今日は、りんご畑の草刈りをしているというので、おじゃましました。午前中は八珍柿(早生品種)を収穫してたそうです。
それで、やっぱり私の想像を越える草刈りの光景なのでした・・・(詳細は下部分をご覧下さい)
ふじ

軸の長さがあるので、ちゃんと下の方向へ実がなるのです。味が安定していて、日持ちがするのが特徴だそうです。日持ちを良くするためには早く収穫して、味を重視するなら熟してから収穫するので、遅くなるそうです。須田さんは当然味重視なので、収穫は11月。
新世界

軸が短いので、好き勝手な方向に実がなってます。
このせいで、着色が良くない場合が多いようで、生産しているところが少ないのだそうです。でも、須田さんの新世界は良い色してますよね

新世界

ふじ

新世界
草刈りっていうので、当然こう、カマを持って手でこう・・・とか、肩から腰にベルトをかけて、ウィ~ンって丸い刃が回って草を刈るとか、そういうイメージだったのに、恐るべし!農業の機械化!!これが草刈機だとは誰も気づくまいよ・・・(知らなかったの、私だけですか!?)
 
「アルプス乙女」 最初りんごだってわかりませんでした。
某斎藤さんがふじりんごの受粉に使えるらしいというので苗を植えたのだとか。
でも調べたら使えないので、今は一本だけ残しているそうです。
家の甥っ子たちはこの林檎にはまっています(^^)

草刈が終わった所
天気のよさだけは
わかる画像ですね・・・
右のりんごはハネだそうです。
「どこが?」と伺うと、中央と左上にポツっと穴が開いてるのわかりますか?
これ、蛾がりんごの汁を吸った後だそうです。

今年はむじなの被害も少なく、病気もなく、昨年よりも収穫が5~7日遅れていて、ふじのサイズが少々小さいかなというくらいで、須田さんのりんごは出来が良いそうです。

一般市場では高値になっているそうなんですけど。
収穫までには1週間早いんだけど、ハネだからあげるよ。持っていって食べてみ。
ということで、「新世界」をいただいてきました。
食感が悪いかもしれないとのことでしたが、全然きになりませんでした。味は、酸味と甘味がはっきりしていて美味しかった。食感はシャリシャリしてて、良い感じです(つくづく、表現力が無いなと思うのですけど・・・)
そうそう、「特選でも販売・・・」と遠慮がちに言ってみたところ、快くOKをいただきまして、いきなりですが、須田農園の「新世界5キロ2,750円」販売します!

あまり出回っていない品種の「新世界」。
この機会に是非ご賞味ください!!
※ふじの予約受付も開始しました!
このページのTOPへ
Copyright© 2000-2011 Next Business System CO.,LTD All rights reserved.