今日の本間太郎カテゴリー

■2012年■ ■2009年■ ■2008年■ ■2007年■ ■2005年■ ■2004年■ ■2002年■

今日の生産者メニュー

2019年7月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2019年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日の本間太郎 2005年5月22日

10:30過ぎから
「海の米の田植え最終日」という連絡をいただいて、急遽鷲崎に向かいました。

今年の海の米の田植えは、21日、22日の2日間だそうです。

昨年の田植え(海の米の)は、本間太郎さんお一人で作業されてましたが、今年は奥さん、息子さんをはじめ、お仲間も集まり、活気にあふれていました^^

★初登場!!
★本間太郎さんの「まなむすこ」
本間健太郎さん

手で押すタイプの田植え機は本間健太郎さんが。
若者パワーで作業も進む^^

★同じく初登場!!★
「強力な助っ人」 木村茂男さん

★やっぱり初登場!!★
「名スタッフ」 市橋周喜さん

わたわたしながらようやく辿り着いたのが10時半頃。
ちょうど休憩されているところでした。

既に田植えが終わった田んぼ

本間太郎さんです^^
「捨てる神あれば拾う神ありだよのぉ」
とおっしゃる本間太郎さんの奥さん(まわりくどい^^;)

昨年、体調を崩されて思うように農作業ができないときから、Uターンで故郷に戻ってきた木村さんが、本間さんのハウスで栽培している海のメロンや海のオクラなどなどの世話をしてくれているのだそうです。

余談ですが、海のメロンのハウスは潰れてもう使えなくなったそうです。
「えっ台風・・・?」
「雪!」
今年は降雪多かったですもんね・・・(--;)
以下、働く働くの画像です。

カラスがうれしそうにちょんこちょんこ田んぼをつついてました^^ 自然の中にいるカラスって何となく無邪気?

若いだけあって、休憩なんか必要でないというように作業に戻る健太郎さん。

隔週くらいに佐渡に渡って、お手伝いしているそうです。えらいなぁ・・・今日はお嫁さんは来なかったとか。残念。

太郎さんたちも作業再開です。まずは速度の調節をしなくちゃいけないのだそうです。

苗を

田植え機に。やはり、力仕事は若者が、なんて書いたら、怒られるかな・・・^^;

健太郎さん、田植えを中断して太郎さんの指導を請う。多分。「聞かなくちゃいけないことがある」って言ってましたから^^

木村さんは早速泥(?)をならす。これ、昨年は考えが及びませんでしたが、かなり重労働ですよね。

太郎さんも田植え開始

ホースから漏れ出ている水が爽やか

稲にジョウロで水をかけてから田植えをするそうです。顔は写しちゃイヤだそうです。

太郎さんの奥さんがジョウロを持って歩いています。なんだろう?
ここで、本間太郎さんが「うちの名スタッフです」という市橋さん登場。今まで漁に出ていて、終わったのでお手伝いに駆けつけたのだそうです。
下画像は「今日はブリが大漁だった」とかいう話をしているところですね^^
それで、多分肥料にするためのブリの内臓とか要らない部分を持ってきてくれたらしく、本間太郎さんはそれの処理をしに行くことに。田植えは市橋さんにタッチ交代。
打ち合わせがされているのか、それとも「あうん」の呼吸でもってスムーズに作業が進められる仲なのかはわかりませんが(多分後者?)、あちらとこちらで、どんどん田植えが進められていくのでした。
こういうのを見ていると、昨年の本間太郎さんは大変だったんじゃ・・・と思ってしまいます。でも、本間さんの感性だと、「手間がかかるのも楽しい」という感じなのでしょうね。
 

 

今年は気候もよく、豊作になることを願っています!

次回は、永田農法の永田先生が見えられたときに呼んでもらえて、
掲載許可がいただけたら、掲載します!
このページのTOPへ
Copyright© 2000-2011 Next Business System CO.,LTD All rights reserved.